生産者のリアルを発信するYouTubeはコチラ

牡蠣漁師の一日

ツイキ

こんにちは!鈴木水産のツイキです。

本日は牡蠣漁師の一日についてお伝えしていきます。

牡蠣にはシーズンがある

広島牡蠣にはシーズンがあります。

県内で養殖されるほとんどの牡蠣は、真牡蠣(マガキ)と呼ばれ10月〜3月頃までがシーズンです。

梅雨の時期から夏にかけて産卵を行います。

産卵を迎えた牡蠣は栄養を使い果たすため、食べれる状態ではありません。

夏に牡蠣が食べれない理由です。

しかし、牡蠣の種類により夏でも食べれるものがあります。

近年品種改良により、産卵をしない牡蠣が登場し通年食べれるようになってきました。

牡蠣漁師はザ・肉体労働

僕は整体師と働きながら、牡蠣事業にも携わっています。

一次産業(生産者)である牡蠣は、肉体労働です。

過酷な環境の中、立派な牡蠣を育て、鮮度抜群の状態で出荷を行っています。

牡蠣漁師の一日を知っていただくことで、少しでも牡蠣が身近なものになれば幸いです。

兼業サムネイル画像

牡蠣漁師の一日

出航

朝は6:30に出発し、漁場を目指します。

目的地到着

筏に到着。

4〜5ヶ所、数十台の筏を所有しています。
県が定める指定海域で、各生産者に均等に分配されます。

収穫作業

筏に吊るされている牡蠣を、クレーンに引っ掛けます。

広島伝統の垂下連方式はいつ見ても圧巻。

養殖法には、他にもシングルシード式というものがあります。

先端を切り落としていきます。

帰路

収穫した牡蠣を作業場へ持って帰ります。

牡蠣の洗浄

牡蠣の殻にはさまざまな汚れがついているので、キレイに洗浄していきます。

浄化

牡蠣を1日水槽へつけることにより、汚れを吐き出しキレイになります。

牡蠣を打つ

打ち子さんが牡蠣の殻から身を取り出します。

熟練の方だと、4秒に1個のスピードで剥きます。

選別、梱包、出荷

地方発送の牡蠣は、良い粒を選別して発送します。

商品は3種類揃えています。

  • むき身
  • 殻付き牡蠣
  • むき身と殻付き牡蠣のセット

12月〜3月まで販売中

牡蠣到着

様々な料理に使っていただけます。(写真は土手鍋)

牡蠣漁師の一日のPVもご覧ください↓

牡蠣漁師のリアル

牡蠣漁師の一日は、早朝に始まり夕方に終わります。

オンシーズンは祝祭日関係なく、日曜日のみ休みです。

オフシーズンは牡蠣の種付けなど、牡蠣を育てる作業に入ります。

牡蠣が育つまで約一年間かかり、個体差も激しいため、お客様へは「良い身」のみを厳選してお届けしています。

ツイキ

自然を相手にする仕事なので、自分たちが手塩にかけて育てた牡蠣を「美味しい!」と食べてもらえることが喜びです。

生産者のリアルを伝えます

  • 牡蠣がどういった過程で育っていくのか?
  • どういう場所で生産されているのか?
  • 牡蠣について知ってほしいこと

など生産者しか分からない情報をお伝えしていきます。

本日は最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

ツイキ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
管理人
牡蠣養殖と整体院を兼業経営中! 親から事業を引き継ぎ借金5000万円!? SNS発信を駆使して生産者の新しい生き方を発信! あなたも明日から「牡蠣ツウ」!